アーキテクチャに関する参考書

プログラムはなぜ動くのか

おすすめ度:★★★★☆

わかりやすさ:★★★☆☆

メモ帳などのプログラムを起動させた際に、どのような手順で動くのかをCPUレベルから説明していきます。数値の取あつかいや、libやdllなどプログラミングに役立つ内容ばかりです。プログラミングをアーキテクチャーレベルから理解して組めるようになるには必要な知識です。

>>「プログラムはなぜ動くのか」の詳細はこちら

はじめて読むPentium マシン語入門編

おすすめ度:★★★★☆

わかりやすさ:★★★☆☆

パソコンが計算する仕組みを解説した書籍です。CPU、メモリ、ハードディスク、I/Oなどの構成やプログラムが実行されるまでの流れ、そして、アセンブラについて解説しています。2進数や16進数など初歩的な内容も解説しているので、初学者でもがんばれば読破できるでしょう。

>>「はじめて読むPentium」の詳細はこちら