独習Cの書評

 プログラミング言語の最も原始的な言語がC言語です。C言語は古いので新しい言語を学んだ方がいいのでは!?と思われる方も多いかと思います。しかし、C言語を身につけると他の言語への応用がきくので初期に学んでおくといいです。実際に、C言語は多くの言語の根幹をになっています。例えば、iPhoneアプリなどをつくる際に使用するCocoaはC言語由来ですし、C#やC++もC言語由来です。CocoaやC++、C#ではC言語を使用することができます。

 これからC言語を学ぼうとしている人の悩みはどの教科書を使えばいいかということでしょう。そこでおすすめなのが「独習C」という参考書です。本書は、これからC言語を学ぶ人のためにかかれた教科書です。そのため、本書を理解すればC言語は身についたといってもいいでしょう。

 本書の難易度ですが、それほど内容は難しくありません。「独習」とうたっているので、当たり前ですが。本書にはコード例がのっているので、理解に役立ちます。また、C言語を使用するために環境設定ものっています。本ブログでも、C言語の導入方法も解説しているのでそちらも参考にするといいと思います。MacならすでにC言語がインストールされているので、ターミナルですぐに使用できます。

 本書は辞書としても使用可能です。わたしはよくC++でプログラムをつくるのですが、プログラム作成の際に本書を辞書として使用しています。C言語の内容を網羅しているので、かなり便利です。C言語を使用する人は手元に持っておきたい本だといえます。

>>「独習C 」の最安値をアマソンでチェックする

 

著者:安井 真人(やすい まさと)