スタイルシートの適用対象

スタイルシートの適用対象

スタイルシートを見たときに

「どのclassやidを指定しているのか?」

と疑問に思うことがよくあります。

そこで、スタイルの指定方法についての基本的な部分を解説します。

特定の要素を指定する

要素{デザインの内容}

基本中の基本である特定の要素を指定します。例えば

h2{color:#FF0000}

なら、h2を指定しています。そして{}でデザインを指定します。

要素内の特定要素を指定する

要素A 要素Aないの要素{デザインの内容}

これは例えば、

p strong{color:#FF0000}

のように指定します。この場合は、pタグの中のstrongが赤色になります。

pタグの外なら赤色にはなりません。結構よく使用します。

複数の要素を指定する

要素A,要素B,要素C{デザインの内容}

複数の要素を指定します。

ただ、「,」で区切るだけで簡単ですね。

よく見られるので見慣れておくといいでしょう。

 

他にもいろいろありますが、とりあえず今回の3つくらいを覚えておけばある程度CSSを読めるようになると思います。

著者:安井 真人(やすい まさと)