文字の強調

書籍などをみると、重要な部分や用語は太字や斜体で書かれることがよくあります。

HTMLにおいて、太字や斜体により強調することができます。

ある文字を強調したい場合に使うタグ

文字を強調したい場合に使うタグにemとstrongタグがあります。

  • em:文章の強調
  • strong:文章のより強い強調

となります。

すごく重要というときは、strongタグを使い、まあ重要という場合はemタグを使います。

強調したい度合いに応じて使い分けましょう。

 

これらのタグの使い方は簡単で、<em>と</em>、<strong>と</strong>で囲むだけです。

見た目は、

  • em:斜体
  • strong:太字

で表記されます。

 

検索エンジンはこれらの強調タグを見て、ページでいいたいことを判断します。

太文字や斜体で見せたいから、これらのタグを使ってはいけません。

検索エンジンがページの内容を勘違いして理解してしまいます。

 

ただ単に装飾として太字や斜体を用いたい場合

では、単に太字や斜体で見栄えを良くしたい場合はどうすればいいでしょうか。

そのときは、bタグとiタグを使用します。

  • bタグ:太字
  • iタグ:斜体

となります。使い方は、<b>と</b>、<i>と</i>で囲むだけです。

 

これらのタグは単に装飾であって、強調されることはありません。

ですから、検索エンジンはb,iタグで囲まれている部分は重要だと判断しません。

ですから、乱用しても問題ないでしょう(ただし逆に見栄えが悪くなるかもしれませんが)。

著者:安井 真人(やすい まさと)