Single Viewアプリケーションの詳細

にらむ

 アプリケーションの初歩はウインドウを表示させることです。そこで、一番シンプルなiOSアプリであるSingle Viewアプリケーションの内容をみていきます。

プロジェクトの作成

 Xcodeを立ちあげてプロジェクトを作っていきます。「Create a new Xcode project」を選択します。

createnewproject

 

続いて、iOSのSingle View Applicationを選択します。

singleview

あとは好きなプロジェクト名と言語を選びましょう。ここでは言語としてSwiftを選択しました。

3

実行してみる

 プログラムを実行すると以下のように画面が表示されるだけのプログラムができます。

zikkou

インターフェースの設定

 インターフェースの設定はMain.storyboadで行います。Main.storyboadを開くと以下の様な画面が出てきます。

mainstoryboad

みてわかるようにViewがひとつだけあります。矢印がありますが、それは起動時にこのViewから始まることを意味しています。そして、さらに詳細を見ると

itiran

となっていることがわかります。View Controllerがあって、その下に

  1. Top Layout Guide
  2. Buttom Layout Guide
  3. View

があることがわかります。

ViewController.swiftをみてみる

ViewController.swiftにはViewControllerの命令が書かれており、以下のようになっています。

class ViewController: UIViewController {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }


}

まず、viewDidLoad()というメソッドでViewControllerが起動した際の命令を記述します。ここでは、何も書かれていないので、起動時に特になにも実行されません。続いて、didReceiveMemoryWarningそいうメソッドでは、メモリの容量が少なくなった際の動作を記述します。

ViewCotnrollerクラスとストーリボードをつなげる

 ここではただViewControllerというクラスを宣言しただけです。このクラスをストーリーボードのView Controllerとつなげる必要があります。そのためにはMain.storyboardへ移動し、View Controllerを選択します。そして、Classの部分にViewControllerを選択します(すでに選ばれていると思います)。

class

著者:安井 真人(やすい まさと)