条件分岐-switch-

プログラミングにおける条件分岐でifを紹介しました。

条件分岐はif以外にもswitchというものがあります。

今回は、switchの使い方について説明します。

switchを使ってみる

作成するプログラムの内容

  • 1を入力したら、「おはよう!」
  • 2を入力したら、「こんにちは!」
  • 3を入力したら、「こんばんは!」
  • その他なら、「…」

を表示するプログラムを作成します。

プログラムの記述

ボタンを押した際の動作を以下のように記述します。

class Test
{
	public static void main(String[] args)
	{
		int number=2;
		switch(number){
			case 1:
				System.out.println("おはよう!");
				break;
			case 2:
				System.out.println("こんにちは!");
				break;
			case 3:
				System.out.println("こんばんは!");
				break;
			default:
				System.out.println("...");
		}
	}
}

解説

switchの構文は

switch(変数){
    case 値1:
        値1のときの処理
    case 値2:
        値2のときの処理
    default:
        該当するcaseがなかった時の処理
}

となります。変数が値1なら、値1のときの処理より下の処理が実行されます。

値2なら、値2のときの処理より下の処理が実行されます。

もし、値1を選択されたときに、値1のときの処理のみを実行したい場合は、値1のときの処理の後に「break;」を追加します。

著者:安井 真人(やすい まさと)