乱数の使い方

ryouiki.png

ゲームを作る際によくランダムに数字を発生させる必要があります。

ここでは、Javaにおいて乱数を発生させる方法を紹介します。

そして、実際に乱数を使ってじゃんけんゲームを作成します。

プログラムの作成

GUIの作成

以下の記事を参考にまずGUIを作ります。

>>JavaでGUIを使ってみよう

 GUIの編集

コードの作成

ボタンを押した際のコードを次のように書きます。

    private void btn_showActionPerformed(java.awt.event.ActionEvent evt) {
        // TODO add your handling code here:
        String ss;
        //テキストフィールドの文字を取得
        ss=txt_input.getText();
        //テキストを整数へ変換してnumberに代入する
        int number=Integer.parseInt(ss);
        Random rnd=new Random();
        int ran=rnd.nextInt(3);
        ta_output.append(ran+"\n");
        //相手の手の内を表示する
        switch(ran){
            case 0:
                ta_output.append("相手:グー、");
                break;
            case 1:
                ta_output.append("相手:チョキ、");
                break;
            default:
                ta_output.append("相手:パー、");
        }
        //自分の手の内と結果を表示
        switch(number){
            case 0:
                ta_output.append("あなた:グー\n");
                switch(ran){
                    case 0:
                        ta_output.append("あいこ\n");
                        break;
                    case 1:
                        ta_output.append("勝ち\n");
                        break;
                    default:
                        ta_output.append("負け\n");
                }
                break;
            case 1:
                ta_output.append("あなた:チョキ、\n");
                switch(ran){
                    case 0:
                        ta_output.append("負け\n");
                        break;
                    case 1:
                        ta_output.append("あいこ\n");
                        break;
                    default:
                        ta_output.append("勝ち\n");
                }
                break;
            default:
                ta_output.append("あなた:パー、\n");
                switch(ran){
                    case 0:
                        ta_output.append("勝ち\n");
                        break;
                    case 1:
                        ta_output.append("負け\n");
                        break;
                    default:
                        ta_output.append("あいこ\n");
                }
        }
    }

ここでは乱数を使うので、

import java.util.Random;

を@authorのコメント欄の下に記述します。

解説

乱数を使う場合は

import java.util.Random;

をpublic classの上に記述しておきます。あとは

Random rnd=new Random();

で変数rndを定義して、

rnd.nextInt(3)

で乱数を発生します。この命令で0,1,2の整数がランダムに発生します。

じゃんけんゲームでは

0->グー

1->チョキ

2->パー

と対応させています。そして、入力した数字と比較して結果を出力しています。

著者:安井 真人(やすい まさと)