画像処理

ここでは画像処理プログラミングについて解説します。ここではライブラリ

  • OpenCV
  • OpenGL
  • libtiff

の使い方を紹介します。

OpenCV

opencv

画像処理によく使うC言語のライブラリです。このライブラリはC言語やC++で書かれていて、Windows、Mac、Linuxで使用可能です。OpenCVはリアルタイムアプリケーションでの使用を念頭において設計されているので、計算効率を優先して設計されています。勉強すると画像処理したいときに役立ちます。

>>OpenCVの解説記事一覧へ

OpenGL

OpenGLは3Dグラフィックスを簡単に扱うためのライブラリです。OpenGLを使うことで、比較的簡単に3Dグラフィックスを描写することができるようになります。

>>OpenGLの解説記事一覧へ

libtiff

libtiffはTIFFを扱うためのライブラリです。libtiffの導入からはじめ、libtiffを用いたtiffフィアルの読み込みや書き込みについて解説します。

>>libtiffの解説記事へ