Cocoa Applicationをつくってみよう

macbook

 Cocoa Applicationの作り方について解説します。自分のMacで使用可能なアプリを作ります。ただ、複雑なアプリをつくるのは大変なのでここではただ画面が表示されるアプリを作成します。

プロジェクトを作る

ではXcodeを起動して、Create a new Xcode projectを選択します。

Application->Cocoa Application->Next

の順で進みます。

プロジェクトに好きな名前をつけてNextをおします。そして、好きな場所に保存しましょう。

プログラムを実行してみる

実はこの状態でもうプログラムはできています。どういうプログラムかというとただ画面が表示されるプログラムです。とりあえず実行してみます。左上の三角印「Run」を選択します。するとアプリケーションが起動します。ただ、画面が表示されるだけですが。

windos

アプリを使える形にする

 いまの状態ではXcodeをいちいち開かないとアプリを起動できないので面倒です。そこで、普通のアプリのように起動できる形にします。やり方は簡単で、メニューのProduct->Archiveを選択します。すると以下の様な画面になり、作成したアプリが表示されます。

そして、作成したアプリを選択してDistribute…をクリックします。

 次にExport asにチェックをうって、Applicationを選択してNextを押します。

また画面が出てくるのでNextをおして保存しましょう。これでアプリの完成です。普通のアプリのように使用できます。今回はただ画面が出てくるアプリですが、さらにプログラムを組んでいけば好きなプログラムが作れます。

著者:安井 真人(やすい まさと)