ネット環境の比較

ネット回線はどれを選んだほうがいいのかを徹底的に比較してみました。

まず、基本的には以下のように分類できます。

回線 価格 速度 詳細
光回線 5,460円 最大2Gbps 有線のため最も安定で高速な通信が可能。
WiMax 3,880円 最大110Mbps 無線で接続ができ、好きな場所でネットに接続できる。一つのルーターで複数の機器をネットに繋げることが可能。工事も必要ないのですぐに導入できる。速度制限なし。
LTE 3,880円 最大112.5Mbps  携帯からのテザリングでWiMaxと同様に無線で好きな場所でネットに接続できる。速度制限があり。

自分の状況とこれら3つの特長を比較して最適なものを選びましょう。

まず、

大量のデータをダウンロードしたりアップロードしたりするような人は光回線がいいでしょう。

ただ、WiMaxでも動画を見たりするのに十分な速度なので、極端な場合を除きWiMaxを使用するのがおすすめです。

というのもWiMaxなら、ルーターを外に持ち出せばどこでもネットに繋げることができるからです。

また、ひとつのルーターで複数の機器をネットに繋げられるので、光回線の代わりにルーターを家に置いておくだけでネットに繋げられます。

さらに、工事がいらないので、すぐに導入できるのも特長です。

 

もしも、ネットで動画をほとんど見ないような方は、LTEを利用するのがよいでしょう。

LTEはスマホ経由でネットに繋げる方法です。

LTEの場合は、データ通信に制限があるので、動画のような通信量が大きいものだとすぐに速度制限にひっかかります。

よって、動画を見ないようならLTEで十分です。

 

まとめ

  1. ネットで動画をほとんど見ない方はLTE、
  2. ネットで動画を見たりする場合はWiMax、
  3. 自宅で大量のデータ通信をする場合は光回線

とするのがいい。

ちなみに管理人はWiMaxを利用しています。どこでも、ネットにつなげて、通信に特に不便を感じません。いまのところ今後もWiMaxを使っていこうと思っています。(LTEに制限がなくなったら変えるかも)



著者:安井 真人(やすい まさと)