効率よくiPhoneでWordPressを更新する方法

ブログを書く際、スマホで更新できたらいいですよね。

旅先はもちろんのこと、空き時間に記事を書くことができるので、継続したブログ運営が可能になりますから。

ということで、わたしは最近、ブログをスマホで更新する方法について模索してきました。

その考察結果をこの記事にまとめます。

スマホはiPhoneを使用する

いくらかスマホはありますが、わたしはiPhone 6 Plusを使用しています。

iPhoneを使用する理由はいくつかありますが、なんといっても

文字入力が快適である

という点が魅力的でした。以前、geaneeというスマホを使用していましたが、入力に時間差があり素早い入力ができずストレスを感じていました。

一方、iPhoneの場合、入力から出力までの時間がすばやいので入力ミスを大きく軽減することが可能です。

よって、わたしはiPhone 6 Plusを使用しています。

 

あと、iPhone 6 Plusの場合、

画面が大きい

という利点があります。わたしは手が大きいので、なるべく大きい画面の方が入力しやすくていいです。また、画面が大きいのでブログを書く際に、便利です。

ただし、人によっては大きすぎて持ちにくいということがあるので、そのへんのデメリットを考慮してiPhone 6 PlusかiPhone 6にするかを決めるといいでしょう。

 あと、曲がるという噂がありますが、大きな力を加えない限り曲がりません。結構、頑丈にできていますから。(ただし、少し重いのが難点かな)

 

最後に、iPhone 6の場合、LTEが使用可能です。

まあ、たいていのスマホはLTEが使用可能なのですが、geaneeの場合は3Gしか使用できず通信速度が遅かったので。

TextExpanderで入力補助

スマホで一番の難点は入力です。パソコンの場合は、10本の指でキーボードをうてますが、スマホの場合2本の指でうつことになります。この結果、どうしてもスマホでの文字入力は遅くなります。

また、ブログの場合、タグをうつ必要があり、この点においてもかなり不利になります。

 

そこで、入力補助をするアプリが必要となります。ここでおすすめなのが「TextExpander」という入力補助アプリです。

textexpander

住所、電話番号、タグなどをあらかじめ登録しておけば、簡単に入力することができます。

例えば、住所を「addr」と登録すれば、addrとうつだけで住所が入力されます。

特にタグ打ちのようなルーティンワークに効果を発揮するため、スマホでブログを更新する際の必須アイテムとなります。

iPhoneソフト「するぷろ」で更新する

iPhoneでWordPressを更新するアプリをいろいろ探していました。WordPress純正のアプリもありましたが、なぜかログインできないので使用を諦めました。

そして、最終的に辿り着いたのが、「するぷろ for iOS」というアプリです。

するぷろ

 このアプリはかなりシンプルな構造で

  1. タイトルと本文(ビジュアルはなし)をかく
  2. 抜粋、タグ、カテゴリ、アイキャッチ、公開日時などを入力
  3. 投稿

という手順でブログを更新できます。

 

もちろん、画像の挿入も簡単にできます。

画像の最大幅や高さを設定できブログからはみ出さない設定になっており便利です。

よって、画像のサイズを気にせずに気軽にブログを更新できます。

 

ただ、HTMLで本文を書くので「TextExpander」は必須となります。

画像はSimpleResizeと純正カメラアプリで加工

ブログにのせる画像はただiPhoneの純正アプリでとってのせるのはサイズが大きすぎて閲覧者にやさしくありません。

そこで、撮影した画像を加工する必要があります。

そんなときに使用するのがiPhoneの純正カメラアプリとSimpleResizeです。

 

iPhoneの純正カメラアプリはただ撮影するだけでなく簡単な画像処理ができます。

どういった処理ができるかというと、

トリミングと回転が純正アプリでできます。

簡単な操作でできるので便利です。

 

ただし、iPhoneアプリでは画像のサイズを設定できません。

そこで使用するのがSimple Resizeです。

simple

Simple Resizeを使用すれば、画像のサイズを自由に変更できます。

画像の大きさを合わせるのに最適です。

最後に

いかがだったでしょうか?

まだまだ、スマホでの更新は効率が悪いので今後も改善しなければならないと思っています。

しかし、ブログを書くのにスマホは大きな武器になるので、環境を整えるのは大事でしょう。

著者:安井 真人(やすい まさと)