Delete-Revisionを使ってみた

WordPressには便利な機能がついています。

それは、

「記事を自動で保存しておいてくれる機能」

です。アクシデントが置きた際にも安心です。

 

しかし、この保存された記事があなたのサーバーにどんどんたまっていくというデメリットもあります。

サーバーがバックアップの山になって要領を取られていくのです。

 

どうにかして、いらないバックアップを消す方法はないでしょうか?

 

その作業をしてくれるのがプラグインの

「Delete-Revision」

です。Delete-Revisionによって、簡単にいらないバックアップを消すことができます。

 

Delete-Revisionの導入

WordPressの管理画面の「プラグイン」から「新規追加」をクリックします。

そして「Delete-Revision」で検索して、インストールしてください。

もちろん有効化もお忘れなく。

 

使い方

WordPressの管理画面の「設定」から「Delete-Revision」へ移動してください。

そして、

「Check Redundant Revision」

をクリックします。すると、消去するバックアップが表示されるので

「Yes, I would like to delete them」

をクリックして完了です。

 

簡単ですね。

これで余分な容量を食われないですみます。

著者:安井 真人(やすい まさと)