WP-Syntaxを導入してみた

これまで、ブログにプログラミングコードを載せるとき「SyntaxHighlighter Evolved」というプラグインを使用してきました。ただ、SyntaxHighlighter Evolvedは簡単にコードを記事に入れることができていいのですが

  • コピーするとき行番号も選択される
  • Windows Live Writerとの連携が難しい

というデメリットがありました。そこで、今回「WP-Syntax」を導入してみました。

使ってみると

実際に使ってみたのが以下のコードです。

WP-Syntax

int main(){
int i=1;
}

SyntaxHighlighter Evolved

int main(){
int i=1;
}

見た目は、SyntaxHighlighter Evolvedの方がいいような気がします。

しかし、コードをコピーしても行番号もコピーされません。

これはうれしいですよね。

あと、コードの書き方が

<pre lang="c" line="1">
int main(){
int i=1;
return 0;
}
</pre>

というように、preで囲めばいいのでWindowsLiveWriterでも使えそうです。

以上のことから今から導入するならWP-Syntaxがいいでしょう。

著者:安井 真人(やすい まさと)