人工知能

人工知能で使われているアルゴリズムについて解説します。

ニューラルネット-ニューロンモデル-

2015年04月18日

 生物の神経細胞の動きを模倣したアルゴリズムにニューラルネットというものがあります。ニューラルネットでは、神経細胞を層状に並べてつなげることで情報処理を自動でできるようになります。最近、深層学習(ディープラーニング)の発達により、かなり深い階層のニューラルネットを構築できるようになってきました。ここでは、ニューラルネットのアルゴリズムについて学びます。

誤差逆伝搬法

2015年11月01日

 前回、神経細胞をモデル化し、学習させる方法について学びました。しかし、神経細胞の数がひとつだったので、あまり複雑な分類はできないこともわかりました。今回は、神経細胞を増やすことで、より複雑なシステムを設計できるようにします。

Chainerを使って多層パーセプトロンを実装する

2015年11月18日

ChainerというPythonライブラリを用いて、ディープラーニングにおける多層パーセプトロンを実装します。

Chainerの詳しい構造

2015年11月19日

前回、Chainerを用いて多層パーセプトロンを組んできました。今回は、前回使用してきたChainerの命令について詳しくみていきます。具体的にはVariable、Linear、Convolution_2Dについて解説します。

Chainerを使って畳み込みを実装する

2016年02月25日

前回、Chainerを使って多層パーセプトロンを実装しました。今回は、前回のものをパワーアップして、畳み込み層を組み込みます。