OS X

OS Xでのプログラミング方法を解説します。特にOS XのフレームワークであるCocoaについての使い方と実用例を中心に説明します。

Cocoa Applicationをつくってみよう

2012年11月03日

 Cocoa Applicationの作り方について解説します。自分のMacで使用可能なアプリを作ります。ただ、複雑なアプリをつくるのは大変なのでここではただ画面が表示されるアプリを作成します。

Cocoa Applicationで線を描いてみる

2012年11月10日

 数値計算した値をグラフで表示したい場合とか、絵を描きたい場合などあるかと思います。そこで、Cocoa Applicationで線を描写するプログラムをつくってみます。

メッセージボックスの使い方

2014年01月13日

 プログラミングでお馴染みのメッセージボックス。「保存しないで終了してもいいですか?」といったあれがメッセージボックスです。ここでは、メッセージボックスをMacではどうやって記述すればいいかをまとめました。

ファイルダイアローグ-ファイルのパスを取得する-

2014年01月14日

 ファイルを開いたり、保存したりするときファイルのパスを取得する必要があります。ファイルパスの取得にはOSのAPIを使用します。ここでは、Cocoa API(MacのAPI)を利用して、ファイルダイアローグからパスを取得する方法を紹介します。

ファイルの入出力

2014年01月14日

ファイルには主にテキストファイルとバイナリファイルがあります。ここではOSX(Swift)でテキストとバイナリファイルの入出力をする方法を紹介します。

NSImageViewで画像を表示する

2015年02月21日

 画像を表示したいというときには、NSImageViewというクラスを使用します。ここではImage Viewに選択した画像を表示させるプログラムをつくります。言語はSwiftを使用します。

ScrollViewに画像を表示させる

2015年02月21日

 前回、Image Viewに画像を表示させるプログラムを作成しました。しかし、ウインドウのサイズが小さいと画像が表示されなかったり、縮小表示されてしまいます。ここでは、スクロールをつけて小さい画面でも好きな場所を見える用にします。そのためにScroll Viewを使用します。言語はSwiftです。

画素データを画面に表示する

2015年02月22日

 前回、画像をScrollViewへ表示させるプログラムをつくりました。今回は、読み込んだ画像ではなく、自分で用意した画素データを画面に表示するプログラムを作成します。UIの作成を前回と同じなので、UIは準備したという仮定のもとで話を進めます。

Table Viewで表を表示する

2015年02月26日

 CocoaにはTable Viewという表を表示させる機能がついています。ここでは、Table Viewの使い方について解説します。使用する言語はSwiftです。