Swift

iOSやOS XなどMacやiPhoneでプログラミングする際の基礎プログラミング言語の一つがSwiftです。Objective-Cもありますが、Swiftの方が新しい言語となります。SwiftはObjective-Cと異なり、見た目がC言語とにておりC言語使いにとっては扱いやすい言語となっています。

Playgroundの使い方

2015年02月18日

 Xcode 6にはSwiftという新しい言語の他に、Playgroundという機能もついています。Playgroundはプログラミングを少し試してみたいというためにつくられてプラットフォームです。Playground上でコードを書くと、変数の値がわかったり変化をグラフ化してくれます。そのため、Playgroundはプログラミングを学ぶのに最適な練習場であるということができます。ここではこのPlaygroundの使い方を解説します。

変数の使い方

2015年02月18日

 Swiftでは変数の使い方がC言語やCocoaと違います。ここでは、はじめにSwiftにおける命令のかき方について説明します。そして、Swiftにおける変数の扱い方(宣言の方法や型変換の方法)について解説します。

配列-Array-

2015年02月18日

 プログラミングにおいて配列はよく使用する大切な要素です。Swiftでは配列をArrayというクラスで扱います。ここでは、配列の定義の仕方や、配列の編集方法について解説します。

関数

2015年02月18日

 プログラミングではある動作をよく使用することがあります。例えば、行列の掛け算などです。そのように頻繁に使用する動作をわざわざ何回も記述するのは面倒です。そのようなルーティン・ワークをまとめておくのが関数です。関数を使えば一回だけ命令を記述すれば、同じ命令をすぐに使用できます。ここでは、Swiftにおける関数の基本的な使い方や参照渡しについて解説します。

繰り返し命令

2015年02月18日

 プログラミングには繰り返し行う動作がよくあります。例えば、1から100までの和を計算するのも繰り返し動作です。繰り返しを行う際の命令としてfor文、while文が存在します。ここでは、これらの繰り返し命令について順に解説します。

クラス

2015年02月21日

 SwiftにはC言語と同様にクラスが存在します。クラスは変数と関数をひとまとめにしたもので、オブジェクト指向のプログラミングに欠かせません。ここでは、Swiftにおけるクラスと構造体の使い方について解説します。

文字列

2015年04月04日

 文字操作はプログラミングの基本です。SwiftにはStringという文字列用のクラスがあります。ここではStringの使い方や命令について解説します。

条件分岐

2016年09月22日

プログラミングでお馴染みな条件分岐について説明します。具体的には条件分岐の基本であるifとswitchについて解説します。プログラミングにおいて基本中の基本なのでかならずマスターしましょう。