STL

STLとは標準テンプレートライブラリ(Standard Template Library; STL)のことです。
STLはよくプログラミングで使う関数をまとめたものです。
例えば、ベクトル、リスト、キュー、スタックなどのアルゴリズムには欠かせない命令がまとめられています。
STLを使用することで、質の高いプログラムを短時間で組めるようになります。
ここでは、STLでよく使用する関数の使い方を解説した記事をまとめています。

スタックの使い方

2012年12月16日

データを記憶する処理にスタック(stack)という方法があります。 ここでは、stackの使い方について解説します。

vectorコンテナ

2013年05月19日

配列を動的に調節するにはvectorを使用します。 vector必要な分だけのメモリを確保することが可能となります。 ここではvectorの使い方を紹介します。