MySQL

MySQLとはデータベースを扱うためのオープンソースです。MySQLは、動作が速く、多くのOSやプログラミング言語に対応していることからデータベースを扱う際によく使用されています。ここでは、MySQLの基本的な使い方を解説した記事をまとめています。

MAMPでのMySQLの使い方

2014年06月01日

MySQLとは、データベースシステムのことです。 ブログの記事とか、日付などのデータを管理して、ほしいときに出せるのがデータベースです。 MySQLはMAMPを導入していれば、すぐに使うことができます。 ここでは、MAMPを通してMySQLを使用する方法を解説します。

データベースの作成と選択

2014年06月01日

MySQLを使って、データベースを作成する方法を紹介します。 そして、作成したデータベースの確認と選択方法について解説します。 最後にデータベースの削除方法も紹介します。

テーブルの生成と削除

2014年06月01日

MySQLにおけるテーブルの生成と削除について解説します。 また、つくったテーブルにデータを入力して、表示し確認するところまで解説します。 MySQLとMacのターミナルにおける文字コードの違いによる文字化けの対処法のMEMOもありますので、文字化けでお困りの方は参考にしてみてください。

テーブルのカラム構造を変更する

2014年06月04日

前回、テーブルを作成する方法を紹介しました。 テーブルを作成する際、あらかじめカラム(列)の内容を決めて、データを入れていきました。 しかし、データベースを扱っている際に、カラムの追加や削除などの変更をしたい場合があります。 そこで、ここではカラムの 定義の変更 名前と定義の変更 追加と削除 位置の変更 を解説します。

「主キー」と「一意キー」

2014年06月04日

ID番号のように重複したらまずい値があります。 もし、ID番号が2つあったら、どちらを使えばいいかわからなくなってしまいます。 データベースでは、このような重複を許さない値を設定することができます。 それば、「主キー」と「一意キー」です。 ここでは、これらのキーの設定方法を紹介します。

連続番号機能を使う

2014年06月05日

主キーや一意キーでは、重複する値を入れることを防ぐことができました。 このような重複のない値というのは、商品の番号のように数値を使うことがあります。 数値の際に、いちいち自分で入力するのでなく、1,2,3,..と自動で番号をつけていければ楽でいいですね。 そこで、今回はこのように連続番号を自動でいれる方法を紹介します。

条件でデータを抽出する(1)

2014年06月06日

データベースのデータをすべて取ってくるだけではおもしろくありません。 ほしい情報だけを抽出したいものです。 ここでは、データベースから指定した情報のみを取り出す方法を紹介します。 具体的には、特定のフィールドの取り出し・エイリアス表示・数値や文字列を処理して表示を解説します。